読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BLACK STALKER

BLACK JACK SNIPER(黒鯛師) 研鑽!

釣り(メソッド)

TECHNICAL FINESSE

「柔能く剛を制す」 【注釈】 しなやかなものは弱そうに見えても、かたいものの矛先をうまくそらして、結局は勝つことになるということのたとえ。 今回はデンジャラスなテトラの前打ちで、掟破りの「細いラインを使ってみようじゃないか!」 というおはなし…

前打ち INNOVATION

壁の落し込みは縦・横 二次元の要素に対し、テトラでの前打ちは縦・横・距離 三次元の 要素が折り重なり、考える要素が多いほどゲーム性は高いものとなる・・・ さて、今回はテトラでの前打ちのおはなし・・・ この先、独断と偏見により閲覧注意ですwwww 近…

3月28日 さつま渡船

6時の便に乗り込み沖へ ! いつものエナジーチャージで・・・ MΦNSTER級を Gotchaaaa!!!! MΦNSTER ENERGY はすごい威力ですwwww

ROLLUP

前回、岡崎人さんがやっていたグルグル巻きの内オモリ釣法がどーしても気になり・・・ 見よう見マネで 伊勢尼14号に糸オモリ0.8㎜を20回程度巻きつけ実釣・・・ フィールドは「落し込み道場」のいつもの神戸沖! 時折、マッハ潮流も出現し練習には良い条件な…

Wリグ

そろそろ春めいて来ましたね~ ここ最近は、ルアーロッドを片手に夜な夜な徘徊しておりますが・・・(汗) 来週あたりから本業の「落し込み」復帰を考えています♪ そこで、今回はこれからメインになるパイプ餌に効果的な “ Wリグ ” をご紹介! Wリグとは、WI…

PILOT ROD

一日の釣りをコンストラクションする上で、最初に必要なのはその日の状況把握です・・・ そこで、ヘチ釣りをよりシステムマチックにするためにパイロットロッドを設定しました。 パイロットロッドに求めるものは、水深・潮流の動向・バイトするタナ 等々の情…

L-shaped

落し込みをはじめた頃、「目印は足でさばけ!」と先輩方に教えられ実践してきました。 この言葉の真意には、沈んで行く目印を常に体の中心線に置くことを示しており、目線の正面に目印 を置くことで細かな変化を見極め、目印からより多くの情報を得ることを…

RUN&GUN Evolution Vol.3

今回の “RUN&GUN Evolution” は “石畳での前打ち!” この時期のメインターゲットはキビレとなり、チヌとは一味違った暴力的かつスピード感のある引きが 最大の魅力です! 変化が少なく水深のない石畳のフィールドでは潮流の変化が顕著にあらわれ、潮を読むこ…

RUN&GUN Evolution Vol.2

今回の “RUN&GUN Evolution” は “ラバー攻略” です! ラバーでの釣りのキーポイントは潮位によるバチャつきです。 このバチャつき音でターゲットの活性が上がるのは過去の経験からも間違いありません。 しかし、オーバーハングに似たアプローチにおいて、バ…

RUN&GUN Evolution Vol.1

連載 “RUN&GUN Evolution” の記念すべき初回は “超前パイル打ち!" マイ道場のひとつ、岸壁から6~7メートル沖合いに パイルがそびえるポイントがあります。 小場所ですがすこぶる魚影が濃く、年間のアベレージサイズは40後半! 当然、パイル上は立禁(怒鳴…

“HYPER(ハイパー)前打ち”論(ライン編)

ハイパー前打ちでは狙撃手として最も重要なアイテムは“ライン”になります。 ラインメンディングの良し悪しはダイレクトに釣果に反映されるので慎重に選択しなければなりません。 まず第一に魚との出会いの確率を上げ釣果に繋げるためには遠投し広範囲にポイ…

BOOBY TRAP

先日、初なチヌを狙いにある地波止へ・・・ 日頃、叩かれていないので開始から快調に枚数を重ねますが、さすがに一時間もするとアタリが あっても食いが浅くフックアップまで持ち込めません。 こんな時に有効なのが、今年多用している“ファースト&スロー”の…

“HYPER(ハイパー)前打ち”論(リール編)

ハイパー前打ちにおける最大の特徴はスピニングリールの使用です。 より飛距離を伸ばすことにより、エリア拡大やフィールド攻略の可能性が高まります。 そこで、飛距離を優先する為に大径浅溝スプールのリールをチョイス、ロッドバランスを考慮して 2500番を…

“HYPER(ハイパー)前打ち”論(ロッド編)

ハイパー前打ちにおける理想のロッドとは 1.広範囲なポイント攻略ができる遠投可能なライン放出性 2.違和感なく喰い込ませる繊細かつしなやかな穂先 3.ボトムの地形を把握できるロッドの表現力(曲がり、視覚感度) 以上3点を考慮し、前打ち竿をテレ…

“HYPER(ハイパー)前打ち”論(概要)

未知なる領域を求めて生れた“HYPER(ハイパー)前打ち”の軌跡・・・ タックル・メソッド・思考などについてレポートします。 《誕生までの経緯》 『プロローグ』 “超前打ち”との出会いは2006年4月のことでした・・・ 名古屋の釣友に誘われ、ある石畳のフィー…

Upright

目印の釣りをはじめた頃、師匠から「アップライトに構えろ!竿を持ったひじを上げろ!」とフォームを うるさく指摘されました。 アップライトの構えには重要な意味が隠されており、チヌから自分の姿を見せないことはもちろんで すが、上体が起きることにより…

Current Check

「一球入魂」って響きの良い言葉ですね! さしずめ落し込みなら「一投入魂」ってとこでしょうか!? その文字通り毎回丁寧に落とされている方を釣り場でよく見かけることがあります。 しかし、考えてみると現実的にはよほどの体力の持ち主でないと集中力がも…

スライドアングル

スライドアングルって何? 落し込み釣りにおいて魚へアプローチを行う上で、エサの軌道を決める入射角度は釣果を左右する重要な項目です。 この入射角度を大別すると基本的に下記の2つが上げられます。 1.内オモリによる壁に対して垂直に近い角度 2.外…

ハングオン&ハングオフ

水温低下や風向きによるスケ潮はショートバイトになって難しくも楽しい!?状況に陥ってしまい警戒心 バリバリでちょっとでも気に入らなければソッポを向いてしまいます。 テトラなど身を隠せるエリアでも厳しさは 一緒で、そんな状況下ではフィネスに攻 め…

前打ちにおけるピッチスケール

前打ち、特に超前の場合には送り出されたラインにかかる潮流の抵抗は大きなものです。 この抵抗によりポイントがぼけたりエサの安定が失われるのも事実で、敬遠される要因のひと つになる事もたびたびあります。 しかし、逆にその抵抗を利用しピッチ・スケー…